長野県木曽で注文住宅を建てるなら株式会社村上工務店

スタッフブログ

注文住宅をご検討中の方へ!窓の断熱性能を高めるメリットについて解説します!

日記
断熱性に優れた住宅づくりをするためには、窓の性能にこだわる必要があります。
窓の断熱性は何によって決まるのか、詳しく知らないという方も多いですよね。
そこで今回は、窓の断熱性能を左右するポイントや樹脂サッシのメリットについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。
 

□窓の断熱性能を左右するポイントとは?

 
断熱性に優れた住宅づくりをする上で、窓は非常に重要な役割を担っています。
ここでは、窓の断熱性能を左右する3つのポイントについてご説明します。
 
窓の断熱性能を左右する3つのポイントとは、枠の部分であるサッシ、ガラスの枚数、ガラス間の空気の層です。
 
一般的なサッシには、アルミ、樹脂、アルミ樹脂複合、木製の4種類が使用されることが多いです。
最近主流なのは、外側がアルミ、内側が樹脂で構成されているアルミ樹脂複合サッシです。
性能とコストパフォーマンスに優れているので、注文住宅で採用する方は多いですが、
より快適な住まいにしたい方は樹脂サッシもおすすめです。
 
3つのポイントの中でも、サッシは最も断熱性能に直結する部分ですので、こだわるのがおすすめです。
 
次に、ガラスの枚数についてです。
ガラスの枚数は増えれば増えるほど断熱性能も高くなります。
住んでいるエリアの気候や環境に合わせて、1から5枚のガラスを選択すると良いでしょう。
 
続いて、ガラスとガラスの間にある空気の層についてです。
アルゴンガスが用いられることが多いですが、クリプトンガスを使用する場合や真空状態にする場合もあります。
 
サッシやガラスの枚数よりも優先度は低いですが、この要素も断熱性能に影響しますので、目的に応じて決めると良いでしょう。
 

□樹脂サッシにするメリット

 
断熱性能で一番大きな影響があるのが、サッシであることがご理解いただけたでしょう。
ここでは、特に樹脂サッシを採用するメリットについてご説明します。
 
1つ目のメリットは、断熱性が高いことです。
樹脂には熱を伝えにくいという性質があり、熱伝導率はアルミサッシのおよそ1000分の1と非常に低いのが特徴です。
 
両者を比較した実験では、室内温度に4度の差が出たという結果もあるほどです。
住宅の快適性を考慮すると、アルミよりも樹脂サッシを選択する方が良いでしょう。
 
2つ目のメリットは、結露が生じにくいことです。
冬には室外の冷たい空気が室内に伝わりにくいので、結露が発生しづらいです。
そのため、結露に悩まされる心配はなくなります。
また、カビやダニの発生も防げるので、身体にも優しい住宅を実現できるでしょう。
 

□まとめ

 
今回は、窓の断熱性能を左右するポイントや樹脂サッシを採用するメリットについてご紹介しました。
窓の性能は、それによって住宅の断熱性が決まると言っても過言ではないくらい重要な要素です。
木曽にお住まいで注文住宅をご検討中の方は、これらの情報を参考に窓の性能について理解を深めていただけますと幸いです。

その他の記事

スタッフブログ一覧

ページのトップへ