長野県木曽で注文住宅を建てるなら株式会社村上工務店

スタッフブログ

自然素材で作る木の家にはどんな特徴がある?

日記
自然素材の木の家を建てたい方は多いですが、そもそも自然素材という言葉についてよく分からない方も多いでしょう。
似た言葉に無垢材というものもあり、ややこしいと感じる方もいらっしゃるはずです。
今回の記事ではこれら用語から自然素材の家で後悔しないためのポイントまで解説していきます。
 

□自然素材や無垢材って何?

 

*自然素材とは

 
自然素材とは自然界にある「天然素材」を用いた資材・建材のことです。
たとえば木や土、石、紙などがこれに当たります。
人工物の対義語と考えると分かりやすいかもしれません。
 
自然素材を家に使用する際には、どこに、どれくらい自然素材を使用するか考える必要があります。
たとえば、珪藻土は100%自然素材と言えるものから合成樹脂を含んだ人工物まで、様々なものがあります。
自然素材にメリットがあるように、合成樹脂を含むことでカビの生えにくさと施工性が上がります。
 
「自然素材の家」という言葉は、100%自然素材を使った家ということではありません。
化学物質を含んだ人工材を極力使用しない家のことを指します。
 
たとえば木造住宅は、おおむね自然素材の家と言えるでしょう。
木の家を自然素材の家として建てる場合、無垢材として漆喰や珪藻土が用いられることも多いです。
 
一方で自然素材は人工材に比べて費用が高くなる傾向にあります。
こだわりたいところに部分的に自然素材を用いると良いかもしれません。
 
最後に自然素材の例として、一部を以下に挙げます。
 
・無垢材
・コルク
・天然石
・漆喰
・珪藻土
・漆
・柿渋
・セルロースフィーバー
・サーモウール
・にかわ
 

*無垢材とは

 
無垢材とは、天然の木を乾燥させた木材のことを指します。
住宅の中では梁や柱、床材などに使用されます。
 
一方で気を貼り合わせて作った木材のことを「集成材」や「合板」と呼びます。
床材として、フローリングには「無垢フローリング」と「合板フローリング」があります。
 
無垢フローリングは天然木のみを使用した床材で、木のもともと持つ調湿効果やダニ防止効果が発揮されます。
一方で合板フローリングとは集成材を用いたフローリングで、水分が浸透しないため水拭きしやすいですが、接着剤に化学物質が使われています。
 
「自然素材の家」ではなく「無垢の家」という場合、無垢材をメインに使っていると言えるでしょう。
日本における無垢の家の歴史はとても古く、縄文時代の高床式住居まで遡るとも言われています。
 
現存しているものだと、神社仏閣の構造材・床材としても使用されています。
有名なもので言えば、奈良の法隆寺はヒノキの無垢材を使用しています。
法隆寺は7世紀後半に建立したので、13世紀ほども健在しています。
このことから分かるように、メンテナンスをすれば非常に強度の高い家と言えるでしょう。
 
自然界に存在する木は「針葉樹」と「広葉樹」に分けられます。
無垢材もこの点で性質が異なり、針葉樹は「軽くて柔らかい」、広葉樹は「重くて硬い」傾向があるとされています。
これは木の細胞と細胞の間の空間が、広葉樹の方が針葉樹より狭いことに起因します。
 
代表的な針葉樹は以下の通りです。
・スギ
・ヒノキ
・モミ
・マツ
 
一方で代表的な広葉樹は以下の通りです。
・オーク
・メープル
・ウォールナット
 
最後に無垢材のメリット・デメリットを紹介します。
 
メリットは以下の通りです。
・調湿性が高い
・ダニが繁殖しにくい
・夏は涼しく冬は暖かい
・健康面での心配が少ない
 
一方でデメリットは以下の通りです。
・傷やシミが付きやすい
・変形が生じやすい
・コストが高い
 

□自然素材の家で後悔しないために

 
1つ目のポイントは、「傷や汚れは発生すると知っておくこと」です。
自然素材は人工材に比べ傷や汚れが付きやすいです。
この点をあらかじめ押さえておきましょう。
傷が付くものだと知らないと、神経質になりすぎてしまいます。
 
2つ目は、素材選びを慎重に行うことです。
自然素材の場合、木の種類によって性質が異なってきます。
それら性質をしっかり押さえたうえで、素材選びを行いましょう。
家には生涯住み続けることになるので、慎重に行うのがポイントです。
 
3つ目は、使う部分をしっかり決めることです。
自然素材は高価になる傾向があります。
また、自然素材の中でも価格が変わってきます。
全ての素材を自然素材にすると予算に収まらなくなるので、予算を鑑みて素材を使用する部分を決めていくのがおすすめです。
 
一方で人工材にはアレルギーを誘発する物や健康被害につながる化学物質を使用しているものもあります。
そのため自然素材をたくさん使うべきだという人もいらっしゃいます。
 

□まとめ

 
今回の記事では自然素材の特徴と注意点をご紹介しました。
当社では自然素材を使った注文住宅の建築をしております。
豊富な実績もあり、自然素材を使った家を建てたい方の要望にきっと応えられます。
木曽、松本市、塩尻市周辺にお住まいで自然素材を用いた家を建てたい方は、お気軽にお問い合わせください。
 

その他の記事

スタッフブログ一覧

ページのトップへ